HotaluX TOUCH

HotaluX TOUCH

すべての人にとって、安全な光除菌を当たり前に。

HotaluX TOUCHは可視光域に近い近紫外線UV-Aを採用した光除菌器。
商業施設や公共空間などに設置されるタッチパネルをはじめ、除菌剤の直接噴霧が難しい精密機器に最適です。
施設利用者と除菌作業者の安全と除菌力を両立し、清掃作業の効率化を実現します。

HotaluX TOUCH 3つの特長

HotaluX TOUCH 3つの特長

  • 非接触の安心感
    光照射で衛生的に除菌作業が可能。
    UV-Aと照射構造の工夫により安全性と除菌力を両立しています。
  • 除菌力と作業効率UP
    数十秒で99%超の除菌を実現※1。
    手拭きの除菌作業よりも除菌作業者の負担が低減します。
  • 作業品質の均一化
    ハンドルスライドスタイルを採用。
    拭きムラの発生を防止し、誰が使用しても同じ除菌効果が得られます。

※1 照射面に対する数値データであり、全ての菌・ウイルスに効果があることを保証するものではありません。

非接触の安心感

安全性に配慮した光と照射構造
一般的に除菌効果が高い短波長のUV-B/UV-Cは人体に悪影響を与えてしまうため、周囲に人がいない状況でしか使用できません。
一方、可視光域に近い近紫外線UV-Aと安全性に配慮した照射構造を採用した本除菌器は、除菌対象物に手を触れずに除菌でき、施設が運営中であっても安全に清掃作業を行えます。 JIS C7550「ランプ及びランプシステムの光生物学的安全性」にて、光の放射による人体(目や皮膚)への影響が定められており、HotaluX TOUCHは通常の行動への制約が必要になるような傷害を引き起こさないリスクグループ1(低危険度)に分類されます。 実際の作業に当たっては、一般的なLED光源と同様に、光源部を覗き込むことはしない、さらには、人の目や皮膚に向けて照射するなど、物品の除菌以外の用途に使用しないようお願いします。

除菌力と作業効率UP

光触媒との組み合わせで除菌効果を高める
タッチパネルの画面などに光触媒シートを貼付して菌やウイルスの増加を減らし、施設の利用ピーク時には菌やウイルスの総量が大きく増えるリスクを光除菌で抑制。
光触媒が励起しやすい365nmの波長で、光触媒の除菌効果を高めます。
提案したいのはスマートな除菌スタイル
HotaluX TOUCHがあれば、手拭きによる除菌作業の際に必要な手袋や除菌クロス、スプレーなどの準備から拭取り作業や廃棄物の処理といった各工程の作業ステップを低減できるため作業効率の大幅なUPを期待できます。
小型かつ軽量で持ち運びしやすく、大規模の商業施設や公共空間にも適した使用感です。

作業品質の均一化

拭取りムラを防止するデザイン
ローラーがついた照射面を対象物に接地してスライドさせるだけで除菌できるハンドルスライドスタイル。
誰が使用しても同じ除菌効果が得られる設計とし、作業者による除菌品質のバラつきや拭取りムラを防止します。
非接触で除菌できる安全性と、誰が作業しても一定の除菌品質を実現できるハンドルスライドスタイル
作業に最も影響する設備との接地部分の仕様を柔軟に変更できる3Dプリントアタッチメント。

3Dプリントアタッチメントのバリエーションは形状、素材など組み合わせは自由自在です。

3社の想いを結実した共創によるものづくり

除菌作業の課題解決をめざす成田国際空港。 3Dプリントの普及を志す丸紅情報システムズ。 光の新たな可能性を追求するホタルクス。 『安全性と除菌力を両立する光除菌器』をコンセプトに 3社の想いと技術を結実させ、HotaluX TOUCHの開発は始まりました。 施設利用者と除菌作業者をはじめ、 すべての人にとって安全と安心を約束できる新しい光除菌のカタチをご提案します。

想定される利用シーン

除菌剤の直接噴霧が難しいタッチパネルやPOSレジ、パソコンなどの精密機器をはじめ、ソファやカーテンといったファブリックの除菌にもお使いいただけます。

タッチパネル
キーボードなどの機器
POS、カード決済機など
机、テーブルの上
ホテルのラウンジソファなどの
ファブリック素材
ピアノの鍵盤など

技術仕様

サイズ
L400mm x D66mm x H130mm
質量
720g
光源
LED(ピーク波長365nm UV-A)
紫外線放射出力
4W
設計光源寿命
20,000時間
照射時間
約80分(満充電・連続照射時)
使用環境
推奨使用温度10〜40℃、推奨使用湿度20〜85%(結露無きこと)、保管温度0〜50℃
リチウムイオン電池
7.2V 2,750mAh 20Wh 充放電回数約300回